【日本初】 NFTによるチャリティープロジェクトKIZUNA ✕ ENJINで開始します!

著名人の作品オークションによる資金を生活に苦しむ若年層の食糧支援へ

みなさん、こんにちは!MissBitcoin Maiです。この度、ブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するENJIN Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)と、日本初となるNFT(※)によるチャリ ティープロジェクトを開始する事をおしらせします!

※NFT:「Non-Fungible Token」の略称でブロックチェーン上で流通させる代替のできない固有の価値を持つデジタルトークン。

著名人の作品オークション による販売で得た資金は、コロナ禍で生活にこまる10代をサポートする「認定NPO法人D×P(ディーピー)」(本部:大阪府大阪市、理事 長:今井紀明、以下 D✕P)に寄付します。

現在、共感して頂けそうなアーティスト、著名人の方々とお話をして調整中でして、2021年2月に実施する予定です!

Kizuna x ENJIN チャリティーNFTプロジェクトの流れ (1)販売方法

暗号資産(仮想通貨)の認知と利用が拡がるなかで、その基盤を担っているブロックチェーンプラットフォームを利用する試みが様々なシーンで展開されています。その一つが、ブロックチェーンネットワーク上のトークンを、それ 自体は貨幣価値を持たないNFTとして流通させ販売し、所有権を販売するNFTチャリティーです。

著名アーティスト や海外セレブリティなどが、自身の絵画などのクリエイションをNFTと関連付けて販売し、その売上金をコロナ禍で 増加している社会問題の解決に当てるチャリティー活動が米国などで増えています。 世界中の善意を効率的に集めることができる寄付活動としても注目を集めており、日本でもこのような取り組みを開始しました。

国内初のNFTチャリティープロジェクトとして展開しますが、今後も、コロナ禍や貧困、環境保全活動など、SDGsに絡む活動を含めて、社会の要請にお応えすべくNFTによるチャリティー活動を機動的に展開する方針です。NFTの 経済活動における有用性、さらにはブロックチェーンプラットフォームの合理性なども訴求していきながら、意思表 示や決済をより効率的に電子的なプロセスで受け入れるスキームとしての認知も拡げていきたいと考えています!

2月には賛同してくださるアーティストさんの発表・NFTの販売を開始できる予定です。 本ブログやTwitterにて情報発信していきますので今後ともよろしくお願い致します!最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

Miss Bitcoin&Bitcoin Donationのウェブサイト「Kizuna」創設者。ミスビットコインの藤本真衣です。ミスビットコイン寄付サイト「Kizuna」を運営しています。「ミスビットコインとブロックチェインに興味あるけど、取っつきにくいしい。」と思っている人はどうぞご一読ください。